«  2021年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年3月 1日

サメ博士の部屋を見学しました。

実際に触れることができるサメ肌や顎の標本など、工夫を凝らした展示物であまり知られていないサメの生態を解説してありました。

DSC08776.JPG

DSC08778.JPG

DSC08780.JPG

DSC08782.JPG

DSC08783.JPG

DSC08785.JPG

DSC08786.JPG

DSC08787.JPG

DSC08788.JPG

2021年2月27日

沖縄美ら海水族館の一番の目玉は、体長8m以上あるジンベイザメと世界最大のマンタです。これらが泳ぐ巨大水槽が大変すばらしかった。

DSC08767.JPG

DSC08768.JPG

DSC08769.JPG

DSC08770.JPG

DSC08771.JPG

DSC08772.JPG

DSC08773.JPG

DSC08774.JPG

DSC08775.JPG

2021年2月26日

沖縄美ら海水族館(4)もサンゴ礁に住む生き物を紹介します。ニシキアナゴからの続きです。

DSC08747.JPG

DSC08750.JPG

DSC08751.JPG

DSC08753.JPG

DSC08754.JPG

DSC08755.JPG

DSC08756.JPG

DSC08758.JPG

DSC08759.JPG

2021年2月23日

沖縄美ら海水族館(2)と(3)はサンゴ礁に住む生き物を紹介します。

DSC08736.JPG

DSC08737.JPG

DSC08738.JPG

DSC08739.JPG

DSC08740.JPG

DSC08741.JPG

DSC08743.JPG

DSC08745.JPG

DSC08747.JPG

2021年2月22日

沖縄美ら海水族館(2)と(3)はサンゴ礁に住む様々な生き物を紹介します。

DSC08726.JPG

DSC08727.JPG

DSC08728.JPG

DSC08730.JPG

DSC08731.JPG

DSC08732.JPG

DSC08733.JPG

DSC08734.JPG

DSC08735.JPG

2021年2月18日

1975年に沖縄国際海洋博覧会が沖縄県本部町で開催され、博覧会終了後の1976年にその会場跡地に海洋博公園(国営沖縄記念公園海洋博覧会地区)が国営公園として設置されたそうです。

海洋博公園は「太陽と花と海」をテーマに沖縄にふさわしい公園として計画され、(旧)水族館はその「海」の部分を担う施設としてスタートし、海洋博公園の人気スポットとして数多くの方に親しまれてきたそうですが、施設の老朽化のため2002年8月に閉館したそうです。

そして、その年の11月から二代目の水族館が「沖縄美ら海水族館」として新たにスタートしたそうです。

沖縄美ら海水族館は、登録博物館に認定されているそうです。

DSC08704.JPG

DSC08707.JPG

最初はサンゴ礁の礁池を再現した水槽でした。

DSC08708.JPG

DSC08709.JPG

次は熱帯魚の海でした。水槽内の生き物は訳40種類と館内最多でした。

DSC08711.JPG

DSC08715.JPG

DSC08717.JPG

DSC08718.JPG

DSC08721.JPG

2021年2月17日

ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、高さ157メートルもあるという双塔を正面から見ると、さらにその偉大さが伝わってきます。

3つの入り口周囲を飾る彫刻はもちろん、旧約聖書の一場面が浮き彫りにされているブロンズの扉やその上に続くアーチから塔の先端までも、繊細かつ美しい装飾が施されています。

現在の大聖堂は3代目で、初代は4世紀に完成した正方形の建物だったそうです。

2代目は818年に完成したのですが、1248年の4月に火災のため焼失してしまいました。

そして、この3代目、焼失したその年から再建が始まったのですが、財政難から工事は一時ストップしてしまいました。

再建が再開されたのは、19世紀に入ってからで、全てが完成したのは、1880年のことだそうです。

なんと、632年もかかってしまっていたということでした。

DSC04244.JPG

2021年2月10日

ローマ時代からの古い歴史を持つドイツの文化都市ケルンは、世界遺産のケルン大聖堂がシンボル的存在としてよく知られています。

そのケルンのライン川に浮かぶ船形の建物が、チョコレート博物館です。

ケルンの数ある博物館の内に、チョコレート博物館なるものが、ライン川に浮かぶ船のような形をした建物内にあって、観光客の人気を集めています。

チョコレートと言えば、スイスやベルギーを思い浮かべる方が多いと思うのですが、生産量においては世界一はドイツだそうです。

DSC04316.JPG

2021年2月 6日

ライン川の支流であるマイン川が流れるフランクフルトは、マイン川からの眺望がすばらしい。。

マイン川沿いには多くの美術館や博物館が集まるほか、かつての栄華を感じさせる建造物など、見どころがたくさんあります。

DSC04685.JPG

2021年2月 3日

神聖ローマ帝国の選挙、戴冠式の行われた教会で、皇帝の大聖堂 カイザードームとも呼ばれているそうです。

13~15世紀にかけてゴシック風に建築されたそうです。

高さ95mの塔は、1145年に建築が始まり、完成したのは1877年だそうです。

DSC04670.JPG

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
https://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任