«  2020年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年8月14日

アミタバ ストゥーパ&ピースパークという、チムニーロックの麓に作られているチベット仏教の仏塔を訪れました。

塔の周りを時計回りに3回、祈りながらゆっくり歩いてみました。

今日だけ、今日の二枚になります。

もう一枚はメディスン ホイール(祈祷の輪)というネイティブ アメリカンが祈りを捧げる神聖な場所として知られ、満月や新月の夜にはドラムを使ったサウンドヒーリングなどの儀式が行われているそうです。

DSC00918.JPG

DSC00923.JPG

2020年8月13日

アップタウンセドナは、the Yを89Aに北東方向に進んだエリアにあり、セドナの観光の拠点として親しまれている場所です。

アップタウンセドナには、たくさんのレストラン、ショップがあり、セドナに来たら一度は足を運びたいエリアです。

またセドナの観光に欠かせないビジターセンターやセドナのトロリーなどの発着所もここアップタウンセドナにあり、セドナの情報収集にも欠かせないエリアとなっています。

DSC00826.JPG

2020年8月11日

聖なる山モンセラットから世界遺産コロニア グエルへ向かう道沿いでみた、雲海のかかった大変美しい風景です。

DSC00595.JPG

2020年8月 7日

木で出来た人形の名前はティオと言います。

カタルーニャ地方の家庭では、12月24日までにティオの人形を部屋に置き、食べ物をあげます。

クッキーだったりフルーツだったり、たくさん食べてたくさんウンチを出してもらうために食べ物を置くのです。

そして24日の夜になると、ティオのお尻に布をかけて、棒で胴体部分を叩きながらカタルニア語でティオ!ウンチしてと歌うそうです。

すると、お尻にかけられた布の中にたっぷりとプレゼントが届くというのです。

DSC00238.JPG

2020年8月 6日

バルセロナのゴシック地区のカテドラルの前です。

大きな広場がありますが、カテドラルとちょうど向かい合うような形で立っている、上に白っぽい部分のある現代的なビルがこれです。

カタルーニャ建築家協会の本部です。

ビルの上部の白っぽい部分は、3面がピカソのデッサンのような絵をそのまま写し取ったものだそうで、観光ついでにピカソの作品を見るには良いと思いました。

DSC00244.JPG

2020年8月 1日

モンセラット修道院はモンセラット山の中腹に建っているベネディクト会の修道院です。

古くからカタルーニャ地方におけるキリスト教の聖地として知られています。

ここには、カタルーニャ地方の守護聖母 黒いマリア像 納められています。

その黒いマリア像を撮影したのですが、写真がすべてボケてしまいました。

DSC00251.JPG

2020年7月28日

グエル公園はガウディの大スポンサーでもあり、理解者でもあったグエル伯爵が計画した英国風の庭園式住宅地です。

当時ガウディは今で言うゲーティッドコミュニティーのように、住宅地を外壁で囲みアクセスを管理できるような計画を作りました。

ただ、この時代のブルジョア向けの住宅販売にも関わらず公共の交通手段がない上、敷地面積の6分の1しか建物が建てられないとか、勝手に木の伐採が出来ないなどいろいろな規制があり、結局はグエル伯爵の家(今は学校)、ガウディの家(今はガウディ博物館)の他は1軒しか売れず、夢の宅地造成計画は1914年に断念しました。

その後1922年にバルセロナ市が取得し管理することになり、1984年にはアントニ ガウディ作品群として世界遺産に登録されました。

DSC00187.JPG

2020年7月25日

サグラダファミリアはその壮大な外観で広く知られていますが、内部のステンドグラスも有名です。

一 般的に教会の内部は薄暗いものときまっていますが、ここサグラダファミリアは太陽の光が大量に入り込むため、比較的明るい印象です。

そして、その太陽の入り方でグラスの色が変化して見えるそうです。

DSC00047.JPG

2020年7月20日

新型コロナウイルスの影響で、海外旅行ができません。

そこで、過去に訪れた名所、旧跡で大変印象に残っている写真を披露いたします。

2年前に訪れたバルセロナのサグラダ ファミリアです。サグラダ ファミリアに二日間訪れ、鐘塔エレベーターに2回も乗りました。観光客の多さに驚きました。

DSC00023.JPG

2020年7月19日

古い工場地帯に建てられたタネリーは、ラグジュアリーブティックが集まる新しいタイプのショッピングモールです。

クライストチャーチから車で10分とアクセスしやすい場所にあるもの人気の秘密です。

施設内にはワインバーもあるので、大人の時間を楽しみた人にはぜひおすすめしたいショッピングモールです。

DSC08594.JPG

DSC08596.JPG

DSC08597.JPG

DSC08598.JPG

DSC08600.JPG

DSC08601.JPG

DSC08603.JPG

DSC08604.JPG

DSC08606.JPG

DSC08607.JPG

DSC08608.JPG

DSC08609.JPG

DSC08611.JPG

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
https://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任