«  2021年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年5月 6日

昔の沖縄を体験できる古き良きテーマパークとして人気の観光スポットです。

登録有形文化財の一般的民家をそのまま体験する事ができます。

現代の一般家庭とはかけ離れ最も古いものは1808年に建築された旧仲宗根家があり、旧國場家、旧玉那覇家、旧花城家、旧島袋家とまだまだ数多くあります。

DSC09129.JPG

DSC09131.JPG

DSC09130.JPG

DSC09132.JPG

DSC09133.JPG

DSC09143.JPG

DSC09134.JPG

DSC09135.JPG

DSC09137.JPG

2021年5月 5日

琉球村は古き良き沖縄を今に再現するテーマパークです。

石垣の間から三線の音が聞こえてくるよういな、かつての琉球の時代を体感する場所が琉球村です。

立ち並ぶ国・登録指定有形文化財に登録される古民家や建造物は圧巻です。

DSC09117.JPG

DSC09118.JPG

DSC09119.JPG

DSC09122.JPG

DSC09123.JPG

DSC09124.JPG

DSC09125.JPG

DSC09126.JPG

DSC09128.JPG

2021年4月29日

沖縄本島北部の恩納村にある真栄田岬はダイビングとシュノーケルのスポットで、青の洞窟として知られ週末になると多くの人で賑わうそうです。

また、泳がなくても展望台からは真栄田岬周辺のきれいな海を見ることもできました。

DSC09097.JPG

DSC09099.JPG

DSC09100.JPG

DSC09101.JPG

DSC09102.JPG

DSC09103.JPG

DSC09105.JPG

DSC09107.JPG

DSC09112.JPG

DSC09115.JPG

DSC09116.JPG

2021年4月26日

DSC09061.JPG

DSC09062.JPG

DSC09063.JPG

DSC09064.JPG

DSC09066.JPG

DSC09067.JPG

DSC09070.JPG

DSC09072.JPG

DSC09074.JPG

DSC09078.JPG

DSC09088.JPG

2021年4月22日

この日は強風による波浪注意報が出ていました。

波により、岬から海中展望台までの橋が揺れ、手摺につかまりながら展望台にたどり着きました。

DSC09045.JPG

DSC09046.JPG

DSC09047.JPG

DSC09048.JPG

DSC09049.JPG

DSC09050.JPG

DSC09054.JPG

DSC09056.JPG

DSC09058.JPG

DSC09059.JPG

DSC09060.JPG

2021年4月19日

海中展望塔は沖縄の美しい海の世界を楽しむことができます。

お天気が悪くても海中展望塔なら、雨の日でも、気楽に海の中をのぞくことができます。

海の中にある展望フロアの窓からは、海底に広がるサンゴ礁の海と、亜熱帯の色鮮やかなお魚たちが見渡せます。

360度、24面の窓がついているので、ついつい目的のお魚を追いかけて、一周してしまうなんてこともできます。

ただ、もう少し広いとよかったのですが・・・

DSC09032.JPG

DSC09033.JPG

DSC09035.JPG

DSC09037.JPG

DSC09038.JPG

DSC09039.JPG

DSC09041.JPG

DSC09042.JPG

DSC09043.JPG

DSC09044.JPG

2021年4月17日

穏やかなサンゴ礁の海に囲まれたエメラルドグリーンに輝く万座ビーチは、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの中にある白い砂浜が美しいビーチです。

しかし、この日は風も強く、海も荒れていました。

これらの写真は、万座毛から万座ビーチの眺望です。

最後の2枚はANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートからの眺めです。

DSC08999.JPG

DSC09000.JPG

DSC09002.JPG

DSC09003.JPG

DSC09004.JPG

DSC09007.JPG

DSC09019.JPG

DSC09023.JPG

2021年4月15日

万座毛は、恩納村役場の北西に位置する岬で、切り立ったサンゴ礁の芝生台地になっています。

岬の先端に立つとコバルトブルーの海が広がり、打ち寄せる波が岩に砕け散って、眼下には白い波の花が咲いているのが見えます。

また名護湾をまたいだ北方には、北部半島の山並みや、伊江島タッチューが、東方には恩納村のシンボルである恩納岳が雄大な姿を見せています。

尚敬王が1726年に万座毛を訪れ「万人を座らせるに足る」とほめたたえたことから万座毛と名づけられたと言われています。

DSC08980.JPG

DSC08983.JPG

DSC08984.JPG

DSC08986.JPG

DSC08987.JPG

DSC08988.JPG

DSC08989.JPG

DSC08992.JPG

DSC08993.JPG

DSC08993.JPG

DSC08995.JPG

DSC09012.JPG

2021年4月12日

浜比嘉島から平安座島の方向を撮影しました。

DSC08975.JPG

DSC08976.JPG

DSC08977.JPG

DSC08978.JPG

DSC08979.JPG

2021年4月 6日

沖縄本島と平安座島を結ぶ途中にある海中道路の道の駅手前で撮影しました。

この日は台風のような強い風の一日でした。

DSC08966.JPG

DSC08967.JPG

DSC08968.JPG

DSC08969.JPG

DSC08970.JPG

DSC08971.JPG

DSC08972.JPG

DSC08973.JPG

DSC08974.JPG

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
https://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任