さまざまな矯正治療

歯の外側(唇側)に着ける方法(一般的に用いられる装置)さまざまな矯正治療
一般的に用いられている方法は、歯の外側に装置を着ける方法です。最近ではより目立ちにくくするために、金属色(メタルブラケット)ではなく白や透明の装置(セラミックブラケット、プラスチック系のブラケット)が用いられるようになってきています。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)も選ぶことが可能ですインビザライン
3次元コンピュータ画像技術によるシミュレーションに基づき、患者さん一人ひとりにカスタマイズされた矯正装置を製作。約2週間ごとに次々と交換していくことで、歯を徐々に移動させていく矯正治療法です。

自分で取り外しができるので、食事や歯磨きも普通にできます。また透明なので、矯正治療中であることを気づかれにくいのもメリットです。ただし症例が限られますので、ご希望の方、興味がおありの方はご相談ください。

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

【歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正】歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正は、インプラントを固定源として用いることで、すべての歯を同時に動かすことができる矯正法です。また、今まで困難とされてきた方向への歯の移動(圧下や遠心移動)ができるようになり、永久歯抜歯の回避、顎外固定装置(ヘッドギア)の回避が一部可能となりました。

矯正治療を行わずに見た目を治したい方に【補綴矯正】補綴矯正
人工の歯(補綴物)を使い、見た目をよくする方法です。削った歯の上に、きれいな歯並びとなるように形を整えたセラミックでできた人工歯を被せたり、つけ爪のように貼り付けたりする治療法で、見た目の歯並びがよく見えるようにします。

歯列矯正のように時間がかかりませんが、歯の根は移動させないので矯正治療とは異なります。また、歯並びや噛み合わせの状態によって対応できない場合があります。

顎の手術を併用する【外科的矯正】
上顎と下顎の大きさや位置が大きくずれていると、上下の歯がうまく噛み合わず、お顔の形がゆがむことがあります。このような場合、外科手術によって骨をバランスの良い位置に動かし、さらに矯正歯科治療で上下の歯がきちんと噛み合うように整えます。

当クリニックでは、骨格自体の顎のずれが大きい方の場合の外科矯正治療については、独立行政法人国立水戸医療センター口腔外科と連携して治療にあたります。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ