«  2019年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年4月21日

スタジオツアーの続きです。

DSCN9546.JPG

ニューヨーク ストリートの様々なシーンの撮影に使われた、街並みだと思います。

DSCN9547.JPG

DSCN9548.JPG

DSCN9549.JPG

DSCN9550.JPG

DSCN9551.JPG

DSCN9552.JPG

DSCN9553.JPG

DSCN9554.JPG

DSCN9556.JPG

DSCN9557.JPG

続いてのツアーは最新のキングコング 360です。

DSC05893.JPG

DSC05895.JPG

この中に入るとトラムが固定されて全員3Dメガネをかけるように指示されます。

DSC05896.JPG

写真はうまく撮れませんでしたが、大迫力のアトラクションでこれだけでも大満でした。

DSC05897.JPG

DSC05898.JPG

DSC05901.JPG

DSC05903.JPG

入り口の近くには踏み潰されたトラムがありました。

2019年4月20日

次に、スタジオツアーに行くことにしました。

DSCN9530.JPG

DSCN9532.JPG

エスカレーターで下ります。

DSCN9533.JPG

このようなトラムに乗ります。

DSCN9535.JPG

トラムの前にモニターがあり、いろいろ解説してくれます。

DSCN9536.JPG

このようなサングラスがもらえます。

DSCN9537.JPG

モニターも始まりました。

DSCN9538.JPG

ユニバーサルスタジオの周りの風景です。

DSC05863.JPG

歴代のヒットした映画のパネルが続きます。

DSCN9540.JPG

DSC05870.JPG

DSCN9543.JPG

消防署がありました。

DSC05874.JPG

撮影が行われているステージが続きます。

DSC05875.JPG

DSC05876.JPG

DSC05878.JPG

DSC05879.JPG

DSCN9545.JPG

2019年4月17日

エクスプレスパス付きのユニバーサルスタジオツアーに参加しました。朝10時にユニバーサルスタジオに到着、夜6時まで遊べるツアーでした。

最初は値段が高いかなと思いましたが、ハリーポッターのアトラクションを除いて、ほとんど並ばずに入場できました。

最初はその一番人気のハリーポッター アンド ザ フォービドゥン ジャーニーにしました。これがエリア内の一番人気アトラクションだそうです。

本当にほうきに乗っているような感覚が味わえました。

DSC05841.JPG

ユニバーサルスタジオのバス駐車場到着

DSC05842.JPG

この水着のカンバンの前が集合場所だそうです。

DSC05844.JPG

ユニバーサルスタジオのシンボルの地球儀の前で記念撮影

DSC05846.JPG

DSC05849.JPG

DSCN9525.JPG

DSCN9529.JPG

ハリー ポッター アンド ザ フォービドゥン ジャーニーに着きました。これから列に並び入場します。

DSC05852.JPG


2019年4月13日

シェラトン グランド ロサンゼルスに帰ってきて、裏口の出口のところで、1月1日に開催されるローズボールのオクラホマ州立大(朱色)とワシントン大(紫色)のグッズが売っていました。

ローズボウルは、アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナのローズボウル スタジアムで、毎年元日に行われるカレッジフットボールのボウルゲームです。

そのパーティーがホテルとメーシーズとの広場で行われていました。2日間行われ、12月30日が朝10時から午後5時まで、12月31日が朝10時から午後4時まで行われるということでした。

2019年1月1日に行われたローズボールの結果はオハイオ州立大28対ワシントン大23 でした。

DSC05825.JPG

DSC05829.JPG

DSC05832.JPG

DSC05833.JPG

DSC05834.JPG

DSC05835.JPG

DSC05836.JPG

2019年4月11日

マダム・タッソー蝋人形館その5です。今回で終了です。

DSCN9480.JPG

チャールトン・ヘストン

DSCN9481.JPG

ニコル キッドマン

DSCN9482.JPG

ウォルバーリンの蝋人形制作過程

DSCN9491.JPG

DSCN9492.JPG

DSCN9493.JPG

DSCN9494.JPG

上の4枚はアイアンマンのアドベンチャーズの面々

DSC05690.JPG

チャップリン

DSC05684.JPG

ジョニーグラン

DSC05692.JPG

ヴィヴィアンリー

DSC05694.JPG

クラークゲーブル

DSC05704.JPG

ジェームスディーン

DSC05709.JPG

ソフィアローレン

2019年4月 8日

マダム・タッソー蝋人形館のその4です。

DSCN9465.JPG

マドンナ

DSCN9466.JPG

ビヨンセ

DSCN9467.JPG

ジャッキーチェン

DSCN9468.JPG

スパイダーマン

DSCN9469.JPG

アーノルド・シュワルツェネッガー

DSCN9470.JPG

ブルースリー

DSCN9472.JPG

サラ ミシェル ゲラー

DSCN9477.JPG

ダニエルクレイグ

DSCN9478.JPG

オバマ大統領

DSCN9479.JPG

これは実際の人間でした。突然、動いて驚きました。

2019年4月 5日

往年の映画スターです。よくできていますね。

DSCN9441.JPG

ジョントラボルタ

DSCN9442.JPG

ダスティン ホフマン

DSCN9444.JPG

シルベスター スタローン

DSCN9449.JPG

シザーハンズのジョニー デップ

DSCN9455.JPG

ジョニー デップ

DSCN9450.JPG

ジム キャリー

DSCN9457.JPG

キャメロン ディアス

DSCN9458.JPG

モーガン フリーマン

DSCN9461.JPG

ET

DSCN9463.JPG

マイケルジャクソン

2019年4月 1日

BOCでネオスインプラントの正式インストラクターの今井恭一郎先生をお迎えして、ネオスインプラントの実習セミナーが開催されました。

午前は今井先生のスライドプレセンテーション講義がありました。

まず、このインプラントの特徴が話されました。

1. One connection for all これは直径3.5mm~5.5mmのアバットメントのプラットフォーム形状が同じになっているので、コネクションは一つだけで済むことです。

2. TFCデザイン Tread cutting formingのデザインがあらゆる骨質に対して確実な安定性を実現すること。

3. 表面処理 スレッド部はSa1.0粗く、逆にカラー部はSa0.4と軟組織にやさしいこと。

4. 超親水性(プロアクティブサーフェイス)プロアクティブインプラントには多くの血液が付きやすく、親水性が高いこと。

5. 素材 強化チタン グレードⅣであること。

6. NeoLoc コネクション ネオスインプラントには、NeoLoc コネクションという独自の技術が付与されていること。

7. インプラントキット インプラントは製造過程において低炭素表面を実現し、ガラス容器に入っており、炭素汚染を防ぐようになっていること。

また、講義を聴いていて忘れていることがたくさん見つかりました。

1. ラチェットは使用しない時は10Ncm以下にしておくこと。

2. インプライトドライバーの縦のマークを唇側に合わせ、補綴しやすくすること。

3. 上部構造印象時にチューブを付けたままで行うことで、印象用コーピングを外しやすくすること。

4. ネオス4+はノーベルのオールオンフォーと同じであること。

5. インプラントの有効期限が5年であること。

6. ネオスではアバットメントをセーフティーデバイスと考えず、原則はインプラントダイレクトの上部構造で問題なく、歯肉の厚みやインプラントの角度などの調節の目的でアバットメントを付与するという考え方であること。

7. 2本のインプラントは片側20度、合わせて40度まで傾きであれば問題なく、それを超える場合に角度付きアバットメントを使用すること。

8. Ti ベースの高さ×2倍+2mmまでが補綴製作時の許容範囲であること。

などを講義および質疑応答から確認しました。

2019年3月27日

チャイニーズ シアターのすぐ隣にあるマダム タッソー蝋人形館に行きました。

マダム タッソー蝋人形館は、イギリスのロンドンにある蝋人形館のほかに、世界各地に分館があり、日本においても東京都港区台場のデックス東京ビーチ内に分館の1つであるマダム・タッソー東京があるそうです。

今回、ハリウッドスターはもちろん、政治家やアーティストまで様々な分野で活躍する著名人が並び、館内は自由に撮影ができるので、憧れのスターと一緒に写真を撮ってきました。

DSCN9363.JPG

マダム タッソー館

DSC05648.JPG

DSC05649.JPG

DSCN9373.JPG

天使の羽

DSCN9380.JPG

アンジェリーナ ジョイナー

DSCN9384.JPG

ティラー スィフト

DSCN9385.JPG

レディー ガガ

DSCN9387.JPG

ハル ベリー

DSCN9389.JPG

ウィル スミス

DSCN9393.JPG

シャーリーズ セロン

昔懐かしい映画スターとのツーショットをご覧ください。

DSCN9418.JPG

マリリン モンロー

DSCN9422.JPG

エリザベス テーラー

DSCN9424.JPG

オードリーヘップバーン

DSCN9425.JPG

エルビスプレスリー

DSCN9428.JPG

ジョン ウェイン

DSCN9429.JPG

クイント イーストウッド

DSCN9431.JPG

ロバート レッドフォードとホール ニューマン

DSCN9435.JPG

フランケンシュタイン

DSCN9439.JPG

レクター博士

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
http://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任