«  2019年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2019年2月19日

ウエストウッド メモリアルパークとはロサンゼルス西部のウェストウッド地区にある墓地です。

この墓地にマリリン モンローが眠っていました。

死後57年経つ今でもまだまだ永遠のセックスシンボルとしてトップの座を守り続ける、マリリン・モンローのお墓です。

その隣には、ヒュー ヘフナーのお墓がありました。

ヒュー ヘフナーは、アメリカの実業家で雑誌『PLAYBOY』の発刊者で、私がなくなったら、マリリン モンローの隣にという生前からの依頼があったそうです。

ここの墓地そのものもが、どちらかといえば小ぢんまりしていて、彼女の墓も意外なまでも簡素で地味に感じました。

生前のモンローがどれだけ人気だったかを考えると、もっと華やかで派手な墓を想像していました。

DSC05481.JPG

DSC05482.JPG

DSC05483.JPG

DSC05484.JPG

DSC05485.JPG

DSC05486.JPG

DSC05487.JPG

DSC05488.JPG


2019年2月17日

ハリウッドサインは、LAのガイドブックなどに必ず出てきます。

これは、もともと1923年にハリウッドランドという不動産会社が土地の広告のために設けた看板でした。

当時としては破格の2万ドル以上を費やし、電飾で飾った派手な看板は、映画産業の発展とともに、LAを代表するシンボルになりました。

その後、古くなった看板はそのまま放置されていたのですが、その後有志企業により、ハリウッドサイン協会が設立され、L.A.のシンボルとなっているそうです。

今回、このハリウッド サインがよく見える場所3か所を紹介します。

1.ハリウッドにある複合ショッピングモール、ハリウッド&ハイランドセンター

このモールにあるコダックシアターは、あのアカデミー賞の授賞式会場でもあります。

DSC05189.JPG

DSC05252.JPG

DSC05253.JPG


DSC05258.JPG

2.このハリウッド&ハイランドセンターのハリウッドサインは写真上小さいので、大きく映る場所を探しました。それは、ハリウッド&ハイランドセンターのインフォメーションセンターの中にあった大きなハリウッドサインの写真の前で撮影しました。

DSC05181.JPG

3.ハリウッドヒルズと呼ばれる高級住宅街を上がるビーチウッドドライブ沿いの公園で撮影しました。

DSC05275.JPG

DSC05276.JPG

DSC05282.JPG

2019年2月15日

ビバリーヒルズ サインは、ビバリーヒルズのランドマークの一つです。

ビバリー ガーデンズ パークの中央付近にあります。

また、その近くにはイチジクの巨木がありました。

DSC05425.JPG

DSC05427.JPG

DSC05428.JPG

DSC05438.JPG

DSC05430.JPG

DSC05431.JPG

DSC05432.JPG

2019年2月12日

ビバリーヒルズ ホテルはロデオドライブ中心地から約2km、ウィルロジャース記念公園からサンセット大通りをはさんですぐのところに位置するホテルです。

ビバリーヒルズ ホテルはは、ビバリーヒルズが脚光を浴びる前から営業しているホテルで、ハリウッドスターの隠れ家だったそうです。

マリリン モンローは一時期、このホテルに住んでいたそうです。また、エリザベス テイラーは、8回のハネムーンの内の6回はこのホテルに滞在したそうです。

さらに、イーグルスのホテル カリフォルニアのレコードジャケットに用いられたことでも広く知られています。

館内、客室はともに明るく華やかな高級感あふれる空間だそうです。

老舗レストランのポロラウンジも有名だそうです。

DSC05458.JPG


DSC05459.JPG

DSC05461.JPG

DSC05463.JPG

DSC05469.JPG

DSC05471.JPG

DSC05473.JPG

DSC05474.JPG

DSC05478.JPG

2019年2月 8日

ロデオ・ドライブの起源は、フレッド ヘイマンがブティックであるジョルジオ ビバリーヒルズを1967年にオープンさせたことにさかのぼります。

その後、1968年にグッチ、1969年にヴァンクリーフ&アペールなどのお店が次々と開館していきました。

1990年にアメリカの映画プリティ・ウーマンが公開されたことにより、日本でも広く知られるようになりました。

またビバリーヒルズ高校白書など、様々なテレビドラマやハリウッド映画に登場してきています。

ロデオドライブは、ビバリーヒルズで一番有名な高級ブランド店が立ち並ぶショッピングストリートです。

約500mの区間に、高級ブランド店やギャラリー、ホテル、レストラン等が点在しています。

DSC05155.JPG

DSC05420.JPG

DSC05158.JPG

DSC05159.JPG

DSC05421.JPG

DSC05161.JPG

DSC05162.JPG

2019年2月 5日

ハリウッドのビッグ・ファイブの一つです。

1915年設立のフォックス社とザナックが1933年設立した20世紀映画社と1935年合併しました。

1953年にシネマスコープを他社にさきがけて採用しました。

王様と私など大作で成功しましたが,失敗も多く,超大作といわれたクレオパトラでの大失敗で経営が傾きました。

その後、サウンド・オブ・ミュージックや猿の惑星などヒット作もありましたが,1970年には7700万ドルの赤字に陥ったそうです。

その後はスター・ウォーズなどで一時巻き返したかにみえました。

しかし,プライベート・カンパニーの限界がつき1981年にはユナイテッド・テレビジョン社に合併され,現在はニューズ・コーポレーションの傘下に入っているそうです。

DSC05134.JPG

DSC05136.JPG

DSC05137.JPG

DSC05139.JPG

DSC05141.JPG

DSC05143.JPG

DSC05144.JPG

DSC05145.JPG

2019年2月 2日

あと少し歩くとサンタモニカピアの先端に到着です。

ピアは桟橋のことですが、レストランや水族館、そしてなんと遊園地がある桟橋です。

DSC05099.JPG

DSC05101.JPG

DSC05103.JPG

DSC05104.JPG

DSC05109.JPG

DSC05110.JPG

DSC05111.JPG

DSC05114.JPG

DSC05116.JPG

DSC05118.JPG

DSC05122.JPG

DSC05123.JPG

DSC05129.JPG

2019年1月29日

サンタモニカの観光地はサンタモニカピアです。

海辺に立つ観覧車が印象的な遊園地やたくさん立ち並ぶレストラン、お土産ものが豊富なギフトショップなどがあり、常に観光客で賑わっていました。

また、サンタモニカビーチは美しい真っ白な砂浜と透き通るような透明度の高い青い海、さらにどこまでも真っ青な空の美しいコントラストが、ロスにいるこことを再認識させてくれるような、とても素敵なビーチです。

さらにサンセットでも有名なビーチです。


今回はサンタモニカピアの桟橋の先端まで行ってみました。

DSC05074.JPG

DSC05078.JPG

DSC05081.JPG

DSC05082.JPG

DSC05084.JPG

DSC05085.JPG

DSC05087.JPG

DSC05089.JPG


DSC05092.JPG

DSC05094.JPG

DSC05095.JPG

DSC05096.JPG

DSC05098.JPG

2019年1月25日

ベニスはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス西部の一地区です。

サンタモニカとロサンゼルス国際空港の間に位置し、東はカルヴァー・シティ、西は太平洋、南にはマリナ デル レイ、北はサンタモニカに面しマリブに通じています。

日本ではベニスビーチと呼ばれることが多いそうです。

また、 人気写真撮影スポットとしてランクが高いベニスビーチの直ぐ近くにあるベニス運河も幾つか渡りました。

DSC05048.JPG

DSC05050.JPG

DSC05051.JPG

DSC05052.JPG

DSC05055.JPG

DSC05056.JPG

DSC05059.JPG

DSCN8823.JPG

DSCN8829.JPG

DSCN8830.JPG

DSCN8832.JPG

DSCN8835.JPG

2019年1月22日

アメリカ西海岸、ロサンゼルスの北にあるマリナ デル レイは、 スペイン語で"王様の海という意味をもつヨットハーバーのことです。

人工のヨットハーバーでは世界最大級で、通常は約5000艇のヨットが停泊しているそうです。

港の周りにはコンドミニアムやショッピングモール、高級ホテルなどが立ち並ぶ高級シティーリゾートで、ロサンゼルスに住むセレブやハリウッドスターなどがバケーションに訪れるそうです。

今回はマリナ デル レイを車窓から眺めながらベニスに向かいました。

DSCN8793.JPG

DSCN8794.JPG

DSCN8795.JPG

DSCN8796.JPG

DSCN8797.JPG

DSCN8798.JPG

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
http://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任