«  2019年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月24日

レインフォーレストの中を歩く2.4kmのウォークウェイがあります。

一番のおすすめは、ケーブルウェイで崖を下りてウォークウェイで渓谷を登ってくるコースです。

原生林の中を歩く雰囲気を手軽に味わえます。

DSC06344.JPG

DSC06346.JPG

DSC06347.JPG

DSC06348.JPG

DSC06349.JPG

DSC06351.JPG

DSC06352.JPG

DSC06353.JPG

DSC06355.JPG

DSC06356.JPG

DSC06357.JPG

DSC06358.JPG

DSC06360.JPG

DSC06361.JPG

DSC06363.JPG

2019年6月21日

今度はロープウェイの駅からケーブルウェイに乗り、谷底のウォークウェイまで行きます。

DSC06328.JPG

DSC06331.JPG

DSC06332.JPG

DSC06333.JPG

DSC06337.JPG

DSC06339.JPG

DSC06340.JPG

DSC06343.JPG

2019年6月19日

エコーポイントから西に1キロほど移動したところにシーニック ワールドがあります。

ここでは3つの乗り物に乗ってブルーマウンテンズの壮大な景観を堪能することが出来ます。

スカイウェイ、レイルウェイ、ケーブルウェイの3種類の乗り物とウォークウェイがあります。

まず、最初にスカイウェイに乗りました。

DSC06298.JPG

DSC06299.JPG

DSC06302.JPG

DSC06304.JPG

DSC06305.JPG

DSC06306.JPG

DSC06308.JPG

DSC06309.JPG

DSC06315.JPG

DSC06316.JPG

DSC06319.JPG

DSC06322.JPG

DSC06323.JPG

2019年6月17日

ブルーマウンテンへの玄関口で、カトゥーンバの街にある展望台です。

雄大なブルーマウンテンの山並みやジャミソン バレーを覆いつくすユーカリの樹海が望めます。

魔法で石に変えられてしまった3姉妹というアボリジニの伝説が残る奇岩、スリーシスターズが最も近く美しく眺められるのがこのエコーポインとです。

展望台のほかにもインフォメーションセンターやギフトショップ、カフェなどがあり、渓谷へ続く遊歩道の入り口にもなっています。

DSC06264.JPG

DSC06266.JPG

DSC06267.JPG

DSC06268.JPG

DSC06269.JPG

DSC06271.JPG

3姉妹というアボリジニの伝説が残る奇岩

DSC06274.JPG

DSC06280.JPG

DSC06284.JPG

DSC06285.JPG

DSC06288.JPG

DSC06291.JPG

2019年6月11日

シドニー タワーは、オーストラリア シドニーに位置するタワーです。

世界大タワー連盟に加盟していて、南半球ではスカイタワーに次ぎ2番目の高さを持つ塔です。

そのシドニータワーは、1981年に完成した高さ309メートルのタワーです。

ちなみに、座標は南緯33度52分、東経151度12分です。

シドニータワーとして知られていますが、正式名称はシドニータワー アイです。

シドニー中心部のピットストリートとマーケットストリートの交差点にあるショッピングセンター、ウェストフィールドの上がシドニータワーです。

シドニーのショッピングのメッカであるピットストリートモールもここにあります。

DSC06090.JPG

シェラトン グランド シドニーハイドパークホテルからのシドニータワー

DSC06239.JPG

ハイドパークからのシドニータワー

DSC06240.JPG

DSC06241.JPG

DSC06657.JPG

シドニー湾から眺めたシドニータワー

DSC06658.JPG

DSC06671.JPG

DSC06671.JPG

DSC06674.JPG

2019年6月10日

セントメアリー大聖堂は、オーストラリアのシドニー、ハイドパークの側にある大聖堂です。

ローマ・カトリック、ゴシック リヴァイバル建築によって建てられています。

シドニー大主教は、セントメアリー大聖堂で職務を行っています。

オーストラリアのカトリック中心部となっています。

聖堂内部は自由に見学をする事が出来ます。

一度火災によって消失をしましたが、63年の年月をかけて再建がなされました。

オーストラリアの中でも威厳さがある建物の1つです。

DSC06231.JPG

DSC06234.JPG

DSC06235.JPG

DSC06243.JPG

DSC06244.JPG

DSC06246.JPG

DSC06248.JPG

DSC06250.JPG

DSC06252.JPG

DSC06254.JPGのサムネール画像

DSC06255.JPG

DSC06257.JPG

2019年6月 6日

ハイド・パーク バラックスは、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、シドニーの中心街にあるレンガ造りの建築物です。

現在は博物館として公開されている他、ニューサウスウェールズ州及びオーストラリアの史跡として保存されています。

2010年、オーストラリアの囚人遺跡群の1つとして、他の10の史跡とともに、ユネスコの世界遺産に登録されたそうです。

DSC06215.JPG

DSC06217.JPG

DSC06218.JPG

DSC06227.JPG

DSC06228.JPG

DSC06230.JPG

2019年6月 3日

日本語ガイドツアーも終了になりました。あっという間の30分でした。
バスの置いてあるサーキュラー・キーの方へ歩いていきます。

DSC06195.JPG

DSC06196.JPG

DSC06197.JPG

DSC06198.JPG

DSC06200.JPG

DSC06204.JPG

DSC06205.JPG

DSC06207.JPG

DSC06209.JPG

DSC06211.JPG

2019年6月 1日

これからメインコンサートホールの見学になります。

DSC06175.JPG

DSC06178.JPG

メインコンサートホールです。

DSC06181.JPG

天井もきれいです。

DSC06182.JPG

DSC06183.JPG

オペラハウスからのハーバーブリッジです。

DSC06184.JPG

DSC06187.JPG

DSC06188.JPG

DSC06189.JPG

オペラハウスからのサーキュラー・キーの景色です。

DSC06191.JPG

スウェーデンから運ばれた105万6000枚もの白いタイルが貼り巡らされたその外観は日の当たり方で微妙に色が変化します。

DSC06192.JPG

DSC06193.JPG

DSC06194.JPG

2019年5月28日

1956年、オペラハウス建築のため実施された国際デザインコンペにおいて選ばれたのが、当時38歳の若手建築家だったウッツォンでした。

彼の作品が推定建設費が最も安く、予期工期も3年ほどと考えられたことが、決め手のひとつとなったのもひとつだそうです。

しかし、1959年に始まった建設工事は想像以上に難航し、建設費用も当初の予算を大幅に超えたそうです。

工事は遅れ、政府と折り合いがつかなくなったウッツォンはデンマークへ帰国してしまいます。

そのあとを3人のオーストラリア建築家チームが引継ぎ、着工から14年経た1973年に完成しました。

エリザベス女王臨席のもと落成式が行われたそうですが、ウッツォンは招待を辞し、その後一度もオーストラリアを訪れてはいないそうです。

スウェーデンから運ばれた105万6000枚もの白いタイルが貼り巡らされたその外観は印象的です。

内部にはオペラシアター、コンサートホールなど大小4つの劇場と5つのリハーサルスタジオ、それにレストランやバーなどがありますと、日本語ガイドツアーでは日本語で液晶テレビで解説されます。

DSC06161.JPG

日本語ガイドツアーの開始です。

DSC06162.JPG

DSC06164.JPG

DSC06167.JPG

DSC06168.JPG

ロビーと思われる場所で、先ほどの日本語ガイドが液晶テレビで放映されます。

DSC06169.JPG

DSC06170.JPG

柱と天井の骨組みが大変きれいです。

DSC06172.JPG

階段を登っていきます。

DSC06173.JPG

DSC06174.JPG

階段を登った場所も外の景色がきれいで、結婚式も行われるそうです。

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

比佐デンタルクリニック 院長 比佐進吉 比佐デンタルクリニック
http://www.hisa-dental.com/
院長 比佐進吉

大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任