院長あいさつ

院長あいさつ

比佐デンタルクリニックの院長、比佐進吉です。
私は大学卒業後、長く矯正学教室に所属して矯正歯科治療を専門的に学び、開業してからは、矯正だけでなく、一般歯科からインプラント、入れ歯治療など、総合的な歯科診療に携わってきました。

矯正歯科治療に携わってきたことから小児歯科にも力を入れ、予防や定期的なメインテナンス、将来的な歯並びを考えた咬合管理を行ってきました。また、噛み合わせや口腔管理の知識と診療技術を活かした入れ歯治療も、多くの患者さんにご提供してきました。

私が大切にしているのは、患者さんとじっくりとお話しし、患者さんをよく知り、患者さんと信頼関係を培うことです。また、お口の中が健康でしっかり噛めることは健康の源であり、美しい口元で笑顔に自信を持つことは充実した人生や幸せにつながると信じています。

これからも、地域の皆さんや多くの患者さんのためにより良い歯科診療をご提供し、快適なお口の健康づくりに貢献したいと考えています。

院長自ら患者さんに話しかけることで始まる午前・午後の診療

院長あいさつ「おはようございます」「調子はどうですか」「痛みは治まったかな」
当クリニックの診療は、院長自らが待合室の患者さんを診察室に招き入れ、あいさつを交わすところから始まります。

お話しをしながら患者さんの体調や様子を確認して診療台にご案内し、リラックスして治療を受けていただけるように、スタッフと共に和やかな雰囲気を作ります。

長年、患者さんとの信頼関係を育んできたからこその、比佐デンタルクリニックの診療のスタートです。患者さんとのコミュニケーションが、比佐デンタルクリニックの方針です。

医療従事一家が、家族ぐるみでご相談にのります

院長あいさつ妻は歯科医師です。長女も歯科医師となり、大学に勤務しています。次女は医師となり、歯科とも関係の深い糖尿病の専門医になりました。必要に応じて専門的アドバイスも行いますので、お気軽にご相談ください。

常勤医師   :比佐進吉
        比佐知津子(日本歯科大学新潟歯学部卒業、日本小児歯科学会会員)
非常勤歯科医師:織田聰一郞(日本歯科大学生命歯学部講師、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医)
        織田育世(日本歯科大学生命歯学部助教、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医)
内科認定医  :佐々木有紀(杏林大学医学部第三内科学教室 糖尿病、内分泌、代謝内科)

院長経歴

院長あいさつ大学病院時代そして開業してからも、休むヒマなく歯科の研鑽と診療に取り組んできました。今は、夏休みやお正月休みに少しお休みをいただき、旅行に出かけたり趣味の音楽を楽しんだりしています。

【経歴】
1980年 日本歯科大学新潟歯学部卒業 同学部歯科矯正学教室助手
1982年 日本歯科大学大学院歯科矯正学入学
1986年 同大学院修了 歯学博士授与
1987年 日本歯科大学新潟歯学部歯科矯正学教室講師
1990年 矯正学教室退職後、非常勤講師
1990年 内藤歯科医院勤務
1991年 比佐デンタルクリニック開設、院長就任
自立支援医療機関(育成・更生医療)および顎機能診断施設指定
2003年 医療法人社団運上会 比佐デンタルクリニックに組織改編、理事長就任

【所属学会、スタディクラブ】
日本矯正歯科学会 認定医・指導医
日本糖尿病協会歯科医師登録医
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会
日本顔学会
日本Tweed研究会
OJ(Osseointegration Study Club of Japan)
クラブ22※
Er:YAGレーザー臨床研究会

※日本にブローネマルクインプラントを導入した小宮山彌太郎先生を顧問とするスタディークラブ。設立発起人の一人で、広報理事、関東支部理事を歴任。

【論文】
日本矯正歯科学会雑誌 13編
甲北信越矯正学会雑誌 1編
日本ベッグ矯正歯科学会雑誌 3編
歯科ジャーナル    4編
デンタルダイヤモンド 3編
デンティスト社    10編
茨城県歯科医学会雑誌 3編
日立市歯科医師会雑誌 1編

【書籍】
『4歯までの矯正治療 I診断編』デンティスト社 亀田晃監修(共著)
『やさしいMTM』クインテッセンス社 亀田晃監修(共著)
『歯科矯正学事典』クインテッセンス社 亀田晃監修(共著)

【ビデオ制作】
MTMの臨床テクニック(VTR) 亀田晃監修 モリムラ
矯正治療ってなあに
矯正治療開始・途中編
矯正治療保定編  全3巻(VTR) 亀田晃監修 モリムラ
混合歯列期の矯正治療 咬合誘導の臨床テクニック(VTR) 前編・後編2巻 亀田晃監修 学際企画(株)

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ