セレック治療の流れ

たった1日で治療が完了するセレック治療の流れを説明しましょう。

1.カンセリング
まず患者さんのご希望を伺い、正確に把握します。しっかり患者さんの意見に耳を傾けてから治療を行います。

次へ
2.古い詰め物やかぶせ物の除去
今まで使用してきた古い詰め物やかぶせ物を外します。一部アンダーカットなど光CR充填などで修正します。

次へ
3.光学印象(3D画像撮影)
専用の光学カメラで患者様のお口の中(上あご、下あご、噛んでいる上と下の歯)を撮影し、コンピュータに取り込みます。
従来のような型取りや咬み合わせをとることはありません。

次へ
4.設計(デザイン)
コンピュータの3D画面上で新たな修復物を設計します。歯の形やかみ合わせの調整をモニター上のあらゆる角度から行い、患者さんの合った理想的な修復物になるように修正しいきます。

次へ
5.削りだし(ミリング)
コンピュータで設計されたデータを基に技工マシンがミリングし、セラミックスを精密に削り上げていきます。
1つの修復物、およそ7分から13分で削り上げます。

次へ
6.試適・コンタクト調整
コンピュータで削り上げた修復物を口の中で合わせてみます。隣の歯との接触部分の強さの調整を行い、綺麗に研磨を行います。

次へ
7.接着
研磨された修復物を専用の接着剤で歯に接着します。

次へ
8.咬合調整・最終研磨
すでにかみ合わせは望ましい状態に仕上がっていますが、再度かみ合わせの確認を行います。その後、調整した部分の最終研磨を口の中で行い、終了となります。
(ステップ3~8までおよそ1時間で終了します。)
 

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ