子どもの予防歯科

子どもの予防歯科まず乳歯の動揺歯や虫歯など、お口の中のチェックを行います。次に歯垢の染め出しで磨き残しを染め出し、お母さんと一緒にブラッシング指導を行います。

その後、歯の表面を磨き上げ、フッ素塗布を行います。6歳臼歯が生えてきたら、シーラントをお勧めしています。

歯質を強くする【フッ素塗布】
フッ素を歯の表面に塗布すると、歯の再石灰化を促すことによって歯質を強化します。また、虫歯の進行を抑える効果もあります。

フッ素の虫歯予防効果は3~4か月ほど続きますので、3か月に一度のフッ素塗布が理想的です。フッ素入り歯磨き剤なども市販されています(濃度が低い)が、最も高い効果があるのは歯科クリニックで行うフッ素塗布です。

虫歯になりやすい奥歯に【シーラント治療】
生えたばかりの歯は柔らかく、また溝が深くて磨きにくいので、虫歯になるリスクが高いものです。そこで、奥歯の溝をコンポレットレジンと呼ばれる白い歯科用プラスチックで充填し、歯を保護するシーラント治療をお勧めしています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ