80歳で20本の歯を残す【8020運動】をご存じですか

8020運動永久歯は、親知らずを除くと28本。そのうち20本が健在ならば、自分の歯でしっかり噛むことができます。そこで、厚生省(現厚生労働省)と日本医師会が提唱したのが、80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという「8020運動」です。そして最近では、64歳で24本の歯を残す「6424運動」も始まっています。

自分の歯でしっかり噛むことは、認知症の予防にもなることがわかってきました。毎日の正しい歯磨きと定期的なメインテナンスで、ご自身の健康な歯を守っていきましょう。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ