手術時や抜歯時の注意事項

●埋め込んだインプラントに食べ物や義歯によって力が加わることは避けなければなりません。上下で噛み合う歯が残っている場合は、傷口に食べ物が入らないように注意しながら食べてください。総入れ歯の方が手術した場合は、流動食に近いものを食べてください。
例:おかゆ、ヨーグルト、豆腐、野菜ジュース、柔らかく煮たうどん、煮魚など
手術後、約2週間は義歯を使用できません。2週間後に義歯を調整して使っていただきます。

●手術後1週間は、アルコールを控えてください。出血しやすく治癒が遅れることがありますので、タバコもできるだけ控えましょう。喫煙者のインプラントは予後が悪いと言われています。できればこの機会に禁煙しましょう。

●手術当日は、ジョギング、水泳などの激しい運動は控えてください。入浴はシャワー程度にしてください。また、サウナは1週間控えてください。

●手術当夜に腫れが出るようでしたら、お口周囲の皮膚を、冷水を含んだタオルで冷やしてください。保冷剤や氷では冷やしすぎとなり、組織の毛細血管が収縮して内服した薬の薬効が届きにくくなりますので注意してください。

●唾液が少し赤くなるくらいの出血は普通ですので心配いりません。傷口から絶えず出血するようでしたら、出血している部位を確認してその部位にガーゼをあて、30分程度噛んでください。また個人差がありますが、手術を受けられた部位に近い皮膚に皮下出血がみられることもあります。徐々に黄色くなり、10日~2週間以内には消失します。

●手術後3~4日は、食事後に歯磨きできるところを磨き、お渡しした生理食塩水でうがいをしてください。殺菌効果のあるイソジンなどは創面の治癒を遅らせますので使用しないでください。

●お渡しした薬は決められた時間どおりに服用してください。

●手術を受けられた部位に関する疑問、あるいは不快な症状がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ