痛みがなくしっかり噛めることを重視しています

入れ歯治療

矯正治療で学んできた噛み合わせや口腔管理などの専門的な知識と診療技術を活かし、噛む機能をきちんと回復し、お口にぴったりフィットする、痛くない入れ歯作りに自信があります。

入れ歯治療に際しては、どこが気になるのか、不具合なのかを徹底的に聞き出します。また、予算や材質など患者さんのご希望にもしっかりと対応して、より良い入れ歯をお作りします。入れ歯を作ったあとも定期的に来院していただき、きめ細かく調整していきます。

患者さんのご要望も実現します入れ歯
たとえばご自身の歯が出っ歯気味だった方が入れ歯を作る場合「出っ歯気味に」という方もいれば「きれいに並んだほうが良い」という方もいらっしゃいます。逆に「きれいに並びすぎると不自然だし...」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

歯はお顔の一部ですので、こだわる方が多いのです。このような患者さん一人ひとりのご要望にも耳を傾け、できるだけご要望に沿った入れ歯を提供しています。

症状やご希望に合う多様な入れ歯をご用意しています

チタン床をお勧めする【金属床】金属床
チタンは、耐蝕性・耐変色性に優れ、弾性があって適合精度が高く、生体親和性が高い素材です。金属の味がしないので、インプラントや整形外科領域でも使われています。イオンが流出しにくいので、金属アレルギーも起こしにくいのが特徴です。

バネが見えない【ノンクラスプデンチャー】ノンクラスプデンチャー
滑らかな樹脂で歯肉の形状に調和させ、歯に接触する床部分を薄く作ることができるので柔軟性が高く、とてもフィット感の高い仕上がりとなります。

金属の留め具(クラスプ)を使用しないので、金属アレルギーをお持ちの方も安心して装着いただけます。汚れが付きにくいので衛生的で、不快な口臭の発生も抑えられるメリットもあります。

理想の入れ歯【インプラント義歯】インプラント義歯
インプラントを埋入して土台とし、そこに入れ歯を装着する方法です。入れ歯を固定することができるため、しっかりと物を噛む力を回復し、入れ歯ががたつくことで発生する痛みも軽減できます。

パーシャルデンチャー(部分入れ歯)パーシャルデンチャー
レジン床に比べ、薄く違和感の少ない金属床をお勧めしています。

初めて入れ歯を入れる患者さんへ

入れ歯治療●当初、入れ歯は違和感がありますから、最初は1日1~2時間装着していただき、徐々に1日の装着時間を長くしていくようにしてください。

●歯ぐきを休め、入れ歯についたカンジダ菌などのカビの繁殖を抑えるために、夜の就寝時は入れ歯を外し、入れ歯ケースに水と入れ歯洗浄剤を入れて保管してください。

●最初から硬いものを噛まず、柔らかいものから徐々に慣れるようにしてください。

●部分入れ歯は、指導されたバネの出し入れを守ってください。決して噛み込んで入れないでください。入れ歯の破損の原因となります。

●入れ歯が入ったことで「話しづらい」「吐き気がする」「物が飲み込みにくい」「バネが緩い」「バネがきつい」「あたって痛くて噛めない」などのトラブルがある場合は、決して自分で調整せず、次回の来院時に申し出てください。床の部分やバネの調整を行います。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ