安定の治療で「よく噛める」を取り戻せるよう努めます

インプラント

インプラントとは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のねじを埋め込み、被せ物をして人工の歯を作り、噛み合わせを回復する治療です。天然の歯とほとんど変わらない感覚で、食べ物を噛んだり会話を楽しんだりすることができます。

インプラント治療のメリット
・ほかの歯に支えてもらう必要がないため、周囲の歯を削ったり、力の負担をかけたりすることがない
・異物感などもなく、硬い物も噛むことができ、入れ歯などでの不満や問題が解決される
・発音が安定し、しゃべりやすくなる
・天然歯と区別がつかないほど美しく自然な歯並びとなる

インプラント治療のデメリット
・少なくとも1回の手術が必要(通常は2回)
・ブリッジや入れ歯と比べると高額
・ある程度以上の骨が残っていない場合は、インプラントができないか、骨移植が必要となる

インプラント治療が向かない場合
・妊娠中の方
・全身疾患のある方
・歯根に感染症のある方、重篤な歯周病の方
・顎の骨の少ない方、骨粗しょう症の方
・糖尿病や高血圧でコントロールされていない方
・チタンアレルギーの方
・顎の骨の成長が終わっていない方

難しい症例にも対応できる実績があります

インプラントインプラント治療は、専門的な技術を必要とします。当クリニックの院長は、インプラント治療について専門的な研鑽を積み、数多くの実績を持ちます。

当クリニックでは、義歯(入れ歯)治療しかないと言われていた方にインプラント治療を行い「自分の歯のようにしっかり噛める」「若い頃に戻ったようだ」と喜ばれる例も少なくありません。また施術後も適切なメインテナンスを行い、生涯にわたってお口の健康サポートを行います。

体に優しく、長持ちするインプラントを目指しています

ブローネマルクシステム当クリニックでは、歯科インプラントを世界で初めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニア、ノーベルバイオケア社の製品、ブローネマルクシステムを用いています。

ブローネマルクシステムインプラントは純チタンから作られており、世界30以上の国々で60万人以上の患者さんが使用しています。純チタンは生体に対する親和性が高く、金属アレルギーも報告されていません。体に安全な素材を使い、定期的にメインテナンスを受けていただくことで、長期にわたって機能するインプラントを目指しています。

より精確に安全な治療を目指し、シムプラントを採用しています

シムプラント当クリニックでは、より精確に安全な治療を目指し、シムプラント(SimPlant:インプラント術前シミュレーションソフト)を活用して、インプラント治療を実施しています。

CT撮影後、コンピュータ上でシムプラントを使用して、リアルな3D画像で顎の骨の状態を見ながら、顎の骨量、歯根の正確な位置、神経の位置を確認し、適切なインプラント治療を3Dで計画します。

的確な情報を把握し、患者さんごとに作成されたサージカルガイドを使用することで、治療計画どおりの位置に、よりスムーズに、より精確にインプラントを埋入することができます。手術時間も短縮でき、予知性の高い治療で安全性も高まり、患者さんの負担も軽減します。

インプラント治療の流れ

1. 診断と計画インプラント治療の流れ
まず、インプラント治療が可能かどうかを判断します。治療が可能であれば、その計画をご相談します。費用や手術のことなど、インプラント治療について不安なことは何でもお聞きください。

次に、インプラントを埋め込む顎の骨の形や硬さ、噛み合わせを診査するためにお口の中の型を採ります。顎の骨や質を検査するため、レントゲン撮影、CT撮影を行います。当クリニックでは、インプラント治療を適切に行うために、CT撮影を受けていただくようにお願いしています。

次へ
2. インプラント埋入(一次手術)インプラント治療の流れ
局所麻酔を行い、顎の骨にねじの形をしたチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入します。これが新しい歯の土台となります。手術後、数日間はわずかな腫れが残りますが、痛みはほとんどありません。

次へ
3. 治癒期間インプラント治療の流れ
インプラント埋入後、インプラントが歯肉で覆われ、骨とインプラントが一体化するのを待ちます。通常3~6か月かかります。

次へ
4. アバットメント連結(二次手術)インプラント治療の流れ
インプラントが完全に顎の骨と一体化したあと、2回目の手術を行い、インプラント体にアバットメントという部品を取り付け、その後歯肉の治癒を待ちます。

次へ
5. 上部構造(人工歯)の製作、装着インプラント治療の流れ
歯肉の治癒後、アバットメントの型採りを行い、上部構造(人工歯)の製作を行います。前歯などのケースでは、一度仮歯を入れて噛み合わせの経過を観察します。問題がなければ、最終的なセラミックの人工歯を装着します。

次へ
6. 治療終了後のメインテナンスインプラント治療の流れ
治療後は、定期的に(術後1か月、術後3か月、術後6か月)にメインテナンスを行い、お口の中の衛生を保ちます。その後は患者さんの症状に合わせて、毎月~6か月間隔で定期的にメインテナンスに来ていただきます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム お車でお越しの方
メールでのお問い合わせ